読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めてガチでマラソンに挑戦するブログ。

2017年の目標は恥骨結合炎からの復活。また走れる日を夢見て、今はトレーニングをお休みしています。

勝田の風になれたかも・・・勝田全国マラソン2016 ~ その2

作戦

このところ、「序盤突っ込んで、後半失速」という、絵に描いた失速レースを何回も繰り返していた。

なので、今回、勝田では、序盤は意図的にゆったりとしたペースで入ろうと考えていた。

レース前、だんなからは、「キロ5分20ぐらいで行けば、失速しないんじゃない?」とアドバイスを受けていた。

イーブンペース。

これが、今回の作戦、と言うか、課題だった。

レース終盤、細やかなアップダウンが続くが、そこでも大きく失速しないようなペースで走りたかった。

ちなみに、勝田のコースの高低差は、こんな感じ。

f:id:ichigo1213:20160201190406p:plain

 

レース前半

スタート後、商店街を走り、程なくして左折し、大きな通りに出る。

広い道路の両車線を1万人以上のランナーが走る図は壮観だ。

だんなからは、道路の進行方向左側にいると聞いていたので、左側を走った。

だんなは、我が家のぬいぐるみの主要メンバー、ポストペットのモモと小さなダッフィー、を動員し、応援してくれた。

 

勝田は、スタート後7㎞まで給水所がない。

しかし、それまでに、何ヶ所か地元の方の私設エイドがあり、水を配ってくれていた。

私も、オフィシャルな給水所の前に、一回私設エイドで水を頂いた。

非常にありがたかった。

 

最初の5㎞のラップが25分48秒。

だんなからのアドバイス、キロ5分20秒よりも、かなり速い。

調整しなきゃと思いつつも、次の~10㎞のラップはさらに速くなり、25分41秒。

この時点で、「マジでヤバイ」と思い、意図的にペースを落とした。

次の~15㎞のラップは、26分11秒。

13㎞過ぎからからの原子力機構前の上り坂の影響もあったかもしれないが、ペースがいい感じに落ちついた。

だんなが言ってたキロ5分20秒よりはやや速いけれども、天候にも恵まれているし、このぐらいで最後まで行ければ・・・と思った。

 

20km手前に、だんなとだんなの弟(私にとっては義理の弟)がいた。

だんなは、スタート直後私を応援してから、電車で先回りしていた。

茨城県内在住の弟は、お正月に会った際、勝田に出ることを話したので、応援に来てくれたのだ。

ちなみに、弟もランナーだ。

ふたりの前を通り過ぎた後、だんなが「予想よりも全然速く来たよ」とうれしそうに話しているのが聞こえた。

 

ハーフの通過が1時間52分22秒。

ロスタイムを考慮に入れれば、結構いいペースで走れている。

体感もまだ余裕がある感じだ。

当初目標としていた3時間50分台前半は、眼中になくなった。

3時間45分を切れるかも。

この時点で、目標を大幅に修正した。

 

レース後半

ハーフを過ぎて、背後から歓声が上がっているのに気付いた。

何だろう?と思ったら、エリック・ワイナイナ選手が背後からやって来た。

最後方からスタートし、ランナーにエールを送りながら、走っているようだった。

私のすぐ後ろにいた女性ランナーは、ワイナイナ選手に個別に声を掛けられ、ものすごく興奮していた。

いいなぁ、うらやましい。

 

25㎞過ぎても、まだまだ余裕があった。

5㎞のラップも26分台前半で安定している。

そうこうするうちに、32㎞以降のアップダウンがやって来た。

上り坂もさほどきつく感じない。

 

「一秒でも早くフィニッシュして、今夜は祝杯だ!」

 

上り坂を走りながら、お酒のことを考えたら、勢いづいてしまったのか、どんどんランナーを追い抜くことが出来た。

 

小刻みなアップダウンが終わると、37㎞ぐらいで、往路走った広い道に出る。

残り5㎞の表示が見えてくると、「一秒でも早く終わりたい!」という気持ちが強くなった。

広い道に出てからは、女子には一人抜かれただけだ(その女子も、後で抜き返す)。

39kmで、再び、だんなと弟の応援。

弟は、大きな声で、「○○○さん、頑張れ!」と声を掛けてくれた。

だんなは、走る私を写真に収めようと、私にカメラを向けていた。

 

40㎞で、沿道から、「3時間45分切れるぞ!」の声が。

ハーフ地点で修正した目標、3時間45分切を達成出来ると、その時点で確信していた。

 

フィニッシュの石川運動ひろばに向かう最後の上り坂。

一気に駆け上がると、フィニッシュゲートが見えて来た。

時計は、3時間42分台。

やった、修正後の目標達成!!!

 

フィニッシュして、「待てよ?」と思った。

スタート時のロスタイムのことを全く忘れていたからだ。

ロスタイムを考慮に入れれば、ひょっとしたら3時間40分切れているかも。

記録証を発行してもらうとすぐに、ネットタイムを確認。

 

3時間39分56秒。

 

たったの4秒だが、3時間40分切れていた。

フルマラソンを走るのは今回で46回目だったが、3時間40分を切れたのは、今回を除けば3回しかない。

最近3時間40分を切ったのは、2011年11月の大田原マラソン。

だいぶ前の話だ。

なので、なおさらうれしい。

 

 フィニッシュした時は、自分なりに満足出来るタイムだったし、ひょっとしたら年代別で入賞していたりする?(50代だし)なんて考えたりしたが、浅はかだった。

f:id:ichigo1213:20160201202158j:plain

部門別順位は何と41位!

まだ前に40人もいるとは。。

50代女子恐るべし!!

まだまだ鍛え方が足りないようだ。

 

会社に行かなくなった年明けから、トレーニングを頑張って来たが、間違いなく効果はあったようだ。

絶好の気象条件に助けられたものの、結論としては、走った距離は裏切らない!

50のばあさんでも、勝田の風になれた。

 

☆今大会の結果

f:id:ichigo1213:20160201174426p:plain

 

☆1月の走行距離 461.155㎞