読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めてガチでマラソンに挑戦するブログ。

2017年の目標は恥骨結合炎からの復活。また走れる日を夢見て、今はトレーニングをお休みしています。

東京マラソン2016応援

今日は、だんなと一緒に東京マラソンの応援に行った。
まずは、築地でトップ選手の走りを見た。

f:id:ichigo1213:20160228162028j:image
1位2位争い。
この時点で2位だった、エチオピアのレリサ選手が優勝。
走り去る後ろ姿の筋肉美が印象的だった。

f:id:ichigo1213:20160228162039j:image
村山謙太選手。
一時は日本人一位だったものの、残念ながら、この少し前からジリジリとペースダウンしていた。
失速の原因は足のマメが原因だったとか。

トップ選手の走りを見た後、しばしコーヒーブレイク。
その後、毎年35km関門で応援しているラン仲間に合流し、一般ランナーを応援した。

たくさんのランナーの中から、知り合いのランナーを探すのは至難の技。
しかし、無事、探していた仲間全員を見付けることが出来た。

関門の閉鎖時間である14時37分が近付くと、応援にも力が入る。

「関門まであと1分!急いで!!」

そう声を掛けると、それまで歩いていたランナー達も懸命に走り始める。

それでも、関門閉鎖の時間が来ると、無情にも路上にロープが張られ、ランナーは歩道に上げられてしまう。
その瞬間のランナーの表情は、実に様々だった。

やり切ったという満足感に溢れた表情を浮かべる人。
思わず涙ぐむ人。
そして、何が起こったのか理解出来ずに、係員の制止を振り切ろうとする人。

マラソンには人それぞれのストーリーがあると再認識した。
そして、来年は、私にも、東京マラソンを走るチャンスが巡って来ますように。

f:id:ichigo1213:20160228162049j:image

今日は、ランナーの応援だけで、自分は走らなかった。
明日は、頑張らないと。

☆今月の走行距離 380.197km