読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めてガチでマラソンに挑戦するブログ。

2017年の目標は恥骨結合炎からの復活。また走れる日を夢見て、今はトレーニングをお休みしています。

病院へ

コンディション レース

朝一で、病院の救急外来へ。

昨日の記事に書いた通り、今日は右すね前面の怪我のフォローアップだった。


最初に診察してくれた若い医師(以下、「医師A」)からは、「滲出液も止まっているし、もう包帯の必要はないでしょう」と言われた。

そして、「ダブルチェックのために」ということで、もう少し年上の医師(以下、「医師B」)が現れ、医師Bの意見でエコーをすることになった。

肝心のエコー画像は、医師Bの背中の陰に隠れて私からは見ることは出来なかった。


医師Bが気にしていたのは、傷口の下側に血が溜まっていること。

「もし、傷口が大きくなる、もしくは、膿が出て腫れたりしたら、すぐにお電話下さい」と言われた。

膿が溜まるようであれば、穴を開けて、膿を出す処置をするそうだ。


続けて、医師Bが、「でも、もう抜糸しても差し支えないレベルだと思います」と言ったところで、医師Aが、「でも、◯◯先生が抜糸は2週間後だと…」と言葉を遮った。


◯◯先生と言うのは、先週の木曜日、私が転倒した後に傷口の洗浄や縫合を担当してくれた医師。

どうやら、救急外来の医師の中でも相当シニアなレベルの人のようだ。


私の立場からすると、一週間前に診てくれた医師よりも、今日診てくれた医師Bの意見を尊重すべきなのではないかと思う。

が、どうやら、ここでは、一番エライ人の意見が通るみたいだ。


結局、医師Aの一言で、抜糸は来週の木曜日まで待たなければならなくなった。

最後に、医師Aからは、「最初に担当した医師の意見で」とか、「大事を取って」と説明されたが、ちょっとスッキリしなかった。

大病院のヒエラルキーを目の当たりにした感じだった。


とにかく、怪我は順調に回復しているようだ。

正直な話、転倒直後の生々しい肉の削られようを思い出したくないため、傷口を見るのが嫌だった。

1日1回、シャワーの時にちらっと見るぐらいだったが、今日診察室でしかと見たところ、傷口はしっかりとふさがっているように見えた。


まずは焦らず、養生すること。

来月26日、あの夢の舞台に再び立つためにも。


f:id:ichigo1213:20160520105817j:image

昨年のサロマの完走Tシャツ。


ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ