読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めてガチでマラソンに挑戦するブログ。

2017年の目標は恥骨結合炎からの復活。また走れる日を夢見て、今はトレーニングをお休みしています。

越後湯沢秋桜ハーフマラソン2016 ~ プロローグ

レース

9月25日に開催された、「越後湯沢秋桜ハーフマラソン」。

レースから3週間近く経過してしまい、記憶もかなり曖昧になってしまっているが、レースレポートを書いてみようと思う。

尚、このレースの後に倒れ、新潟県内の病院に入院していただんなは、明日、退院することになった。

本格的な社会復帰にはもう少し時間がかかる見込みだが、退院出来ることにひとまず安堵している。

 

「越後湯沢秋桜ハーフマラソン」に参加するのは、今回で3回目。

アップダウンが厳しく、ハーフマラソンでありながら、走りごたえ満点のレースだ。

特に、1㎞から7㎞ぐらいまでの上りは、「過酷」の一言に尽きる。

f:id:ichigo1213:20161014112131j:plain

 

このレースに私が初めて参加したのは、2005年9月。

走り始めてまだ9ヶ月ちょっとの時、まだフルマラソンを走る前の時のことだ。

その時のタイムが、1時間43分45秒(グロス)。

5㎞ごとのラップを見ると、最初の5㎞まではスタート時の混雑もあり24分台だったが、以降20㎞まで、全て23分20秒台でまとめている。

レースの日は、雨が強く降り、気象コンディションは必ずしも良くなかったと記憶している。

そんな状況下で、5㎞を23分台で走ったことに、我ながら驚かされる。

今の私は、5㎞タイムトライアルでも、そのペースで走ることは出来ない。

 

2回目は、2010年9月。

その年11月の大田原マラソンで、フルの自己ベスト(3時間36分44秒)を出したので、ランナーとして一番脂が乗っていた頃と言ってよいかもしれない。

その時のタイムが、1時間45分58秒(グロス)。

当時の練習記録を見ると、「5年前、土砂降りの中のこの大会の記録に遅れること2分強。自分なりに頑張っているのだけど、病気発覚前の自分の背中は遠い気がする。」と書いてある。

言葉の端々に、走り始めて間もない自分に負けた悔しさがにじみ出ている。

当時は、速く走れなかった理由を、乳がん治療のせいにしていたが、今になって見ると、理由はそれだけではなかったような気がする。

その理由とは、ズバリ「加齢」だ。

 

仕事を辞めた今は時間的余裕があるため、走り始めた頃より、また、フルで自己ベストを記録した頃よりも、練習量は劇的に増えている。

それでも、過去の自分に追いつけないと思うことが、ままある。

もう50歳なのだ。

認めたくはないが、加齢による影響は、相当にあると思う。

 

今回のレースでは、練習量で加齢にどれだけ立ち向かうことが出来ているのか、確かめてみたいと思った。

なので、目標タイムは、2010年の大会で出した1時間45分台を目指そうと思った。 

 

~続く 

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ