読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社を辞めてガチでマラソンに挑戦するブログ。

2017年の目標は恥骨結合炎からの復活。また走れる日を夢見て、今はトレーニングをお休みしています。

昨日の通院

一昨日の抜糸後、右足の「ボコッとした盛り上がり」が真っ赤に腫れてしまったため、昨日の朝、急遽病院へ行って、診てもらうことになった。

 

予定外の通院だったので、問診票を書いたり、体温や血圧を測らなければならず、結構面倒。。

体温を測ったら、7度ちょうど。

自分では熱があるとは全く思っていなかったので、驚いた。

「ボコッとした盛り上がり」が真っ赤に腫れあがったのと、微熱があるのとは、何らかの関係があったのかも。

 

名前を呼ばれて、診察室へ。

昨日の担当医(以下、医師D)は、初対面。

学生のような雰囲気を漂わせる、とても若い男性だった。

 

医師Dに抜糸からの経緯を話し、傷口を診てもらう。

その後、「少々お待ち下さい」と言って、医師Dが席を外した。

一昨日抜糸を担当した医師Aと同様、この人も研修医なのだろうか。。

 

ichigo1213.hatenadiary.jp

 

間もなく、医師Dが別の男性医師(以下、医師E)を伴って、現れた。

医師Eも、医師Dと同じように、学生っぽい雰囲気。

しかし、医師Eの方が、医師Dよりも先輩格のようだ。

 

医師Eは、傷口を見て、私に「傷は深かったんですか?」と尋ねた。

それを聞いた医師Dが、「『しぼうしき』が見えていたそうです」と口を挟んだ。

しぼうしき???

初めて聞く言葉だった。

 

医師Eは、「XX先生に診てもらおう」と言って、医師Dとともに診察室を出て行った。

 

診察室で一人になり、PCに映された自分の電子カルテを覗いてみた。

転倒直後、この病院に来た時に診てくれた医師の所見が書かれてあった。

そこに、「脂肪織が見えている」との記述があった。

しぼうしき=脂肪織だった。

転倒した直後の肉の割れた状況を思い出し、あぁ、あれが脂肪織か・・・と思い当たった。

あまりにもグロいので、「あれ」がどのようなものか説明は省くが、やはり「あれ」が見えるほど削られてしまったのだから、傷はかなり深いのだろう。

 

しばらく経って、医師Dと医師Eが診察室に帰って来た。

XX先生は来ないみたいだ。

ここは救急外来なので、多忙なのだろう。

 

医師Dより、「上の先生に確認したところ、怪我をした直後に出した抗生物質を4日分処方するので、2、3日様子を見て、また診察を受けに来て下さい、とのことでした」と説明があった。

昨日聞いたところでは、抜糸後は特段追加の処置は必要でなく、また一週間後に診察に来てください、と言われたが、真っ赤に腫れ上がってしまったので、状況が変わったのだろう。

 

また、来週の月曜日に再診の予約をし、診察終了。

院内の薬局で、抗生物質4日分をもらって、病院を出た。


f:id:ichigo1213:20160528094922j:image

 

ランチを食べて、帰宅後、ものすごい倦怠感を感じ、そのまま2時間ほど昼寝した。

目が覚めて、「やはりサロマは無理かな・・・」と思い、ものすごく落ち込んだ。

 

怪我をしてからも、パワーブリーズ、筋トレを欠かさず続け、今週に入ってからはウォーキングもした。

そのおかげなのか、体重・体脂肪率ともに、良好な状態を保てている。

どうしてもサロマを走りたいという一心から、頑張れていた。

 

しかし、レースまで1ヶ月を切ってこんな調子では、100㎞マラソンを完走するのは、いかに経験があるからと言って、無理なのではないか?

いくら今出来る最低限の努力を続けたところで、傷口がボコッと膨らんだままでは、どうにもならないのではないか?

 

今は、何をやっても無駄なのかも。

そう思うと、昨日は、筋トレもウォーキングも、何もやる気が起きなかった。

 

幸い、抗生物質が効いたのか、熱は昨日のうちに下がった。

相変わらず、「ボコッとした盛り上がり」はあるが、今は、赤みはだいぶひいたように見える。

しかし、盛り上がりや赤みは、朝のうちはマシな状態にあり、夜になるとどちらも悪化する傾向がある。

つまり、現状では、回復しているとは、言い難い。

 

ご訪問ありがとうございました。最後にポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ